博多座『レ・ミゼラブル』2013おさらい〈第2幕〉

後半戦いってみましょ。

*バリケードのシーンもろもろ
ファンにとってはバリケードへの思い入れは強く、
新しいバリケードが現れた時はちょっと違和感だった。
真ん中が割れたような、変な形だなあって。

マリウスの手紙をバルに届けるのは、映画のガブではなく、
旧演出通りにエポなのね。
ラストでバルを導くためと、
「(マリウスが)わかってくれない〜♪」から『オン・マイ・オウン』
の悲しい心のうちに続くためにはやっぱりエポか。

ジャベの敵地の報告とやらを聞きながら
「嘘つき!」と言うタイミングを計っているガブが可愛い。
ここ、突き抜けるようなクリアな声で響いて欲しいけど、
月杜くんがちょっと引いた声になってしまったことがあって、
本人的にもあちゃ〜だったんじゃないかな。

今回ガブとグランの関わりがよく見えた。
ジャベの嘘を見抜いたガブを讃えてグランが酒瓶を渡したり、
『恵みの雨』の後、泣きじゃくるのもグランの胸、
最期に抱きかかえられるのもグランの腕。

学生さんたちの識別まではまだまだだなあ。
「クールフェラック見張りだ」で、わかるくらい。

*最後の戦い
一人ずつに光が当たりながら、撃たれ、散っていく様は
それぞれを大切な存在に見せてくれた。
アンジョの最期は、「新演出の方が良かったぁ」というファンいるのかしら?
まわり舞台が回転する時のあのグッとくる思いがぁ…。
貧相なリヤカーで運ばれていくアンジョ。
これも、学生の革命の稚拙さということか。

*下水道
こことジャベの自殺の映像が面白かった。
ジャベが長い下水道を延々と歩いていくイメージが湧く。
ただ、引きずる、背負う、はいいんだけど、
お姫様抱っこの時にちょっと笑ってしまう。
マリウスたちはどんな気持ちでバルの胸に抱かれているのでしょう?
背中に背負われて二つ折りになるのもきついなあとか。

*ジャベの自殺
ここの映像はさらに面白かった。
ほんとに落ちて行くような錯覚。

*カフェ・ソング
田村マリウスの「ことばにならない〜♪」の
言葉にならなさの悲哀度はさておき、
バリケードと共に、ファンはう〜ん…となるのはここだよね。
空のイスとテーブルがないじゃないかー!
歌詞にあそこまではっきりあって、
マリウスはそれを見つめながら歌うのに、どうしてなくしたのかなあ。
まあ、それでも「友よ赦せ」とか「友よ、聞くな〜♪」では
グッときちゃうんだけどね。

*バルジャンの告白
ここでの表情は原田くんがダントツだったね。
マリウスの気持ちが表れてたもん。
さすが!演技は原田マリウスだ。
田村くん、がんばれ〜!

*結婚式
実は今回このシーンにはまってしまった。
後方にケーキや食器をおいたテーブルがあって、
その横に背の高い給仕さん?2人と
黒服の給仕長?のような人がいるんだけど、
下手の給仕さんがアンジョ上原くん。
金髪のカツラの下の黒くて太いマユ見ただけでもおかしいし、
Mテナのムチャブリにいちいち驚くのが見ものです。
Mテナがシャンパンを1杯一気に飲み、もう1杯もぎ取ってまた飲み干し、
ビックリしたアンジョ給仕が「なんですか、あの客は…」と
給仕長に報告というか、苦情を言う。
Mテナがウェディングケーキを勝手に食べ、その食いかけをみつけた
給仕たちがこれまたビックリして、ケーキの周りに固まって
「これはどういうことなんだ?」と思案する。
こんなやり取りばかり見てたから、肝心のマリウスとテナのやり取り、
全く見ていませ〜ん!
田村マリウスどうだったのかしらん?
上原くん、お顔が濃いから、キリリとした表情はかっこいいんだけど、
びっくりしたり、「ど、ど、どういうことですかぁ〜」みたいな
困惑モードはおかしくて仕方がない。

*エピローグ
す〜っと表れる和音ファンテ、ここは叫び調ではないので、
歌声が美しく響きました。
いつも思うのだけど、コゼットに言われてバルが「生きてみよう〜♪」と
思いとどまったようにしてて、
でもその直後に「最後の告白を書いた〜♪」と
なるのはどういうことなんでしょう?

ここで導くのも旧演出通りにファンテとエポ。
女性の声で導きたいのかなあ。
エポは手紙を渡したくらいでバルと関係ないじゃんと思う。
みんなの輪に引き入れるのは司教さまだけどね。

*民衆の歌
最後は、従来どおり圧巻の『民衆の歌』。
『RENT』でラストの『Seasons Of Love』がなくなってたのが
相当残念だったけど、さすがにレミはそんなことはなかった。
この歌ないとはじまらないもんね。

ということで、sasaの「博多座レ・ミゼラブル2013」も終演しました。
凱旋公演には伺いませんが、またお会いできる日を楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました