九電みらいの学校「子ども科学研究室」

今日も予定はいっぱい。
午前中は陸上クラブでしょ。
ばたばたとお昼を食べて、昼からは
九電みらいの学校「子ども科学研究室」というイベントに参加しました。

e4b99de99bbbe382a4e38399e383b3e383881

第一部は宇宙飛行士毛利衛さんによる講演会。
第二部は福岡教育大学の伊藤先生による化学実験。

もちろんお目当ては毛利さんのお話です。
講演テーマは「宇宙に挑戦するエネルギー」。
宇宙に挑戦するために必要なのは
まずは行きたいという気持ち、
スペースシャトルを飛ばすための燃料と技術、
宇宙で生活するのに必要な電気、
と「エネルギー」という言葉にかけてお話してくださいました。

あんまり会場がわーっと盛り上がるような
おしゃべり上手って感じではありませんでした。
テレビで観る通りの穏やかなジェントルマン。
日本の中でも最高に優秀な方のお一人だと思いますが、
だからこそ高飛車な感じが全くなく、
真摯で少年のような心をお持ちなんでしょうね。

毛利さんは次代のエネルギーとして、
自分の研究でもあった「核融合」に期待を寄せていました。
完成すれば、爆発の危険がなく、安心して使えるエネルギーだそうです。

『6年の科学』が愛読書のうちの子どもたち。
NASAに行くなんて高望みはしないから、
このまま理科好きでいてくれるといいな。

コメント

  1. taki より:

    毛利さん!なんと羨ましい講演!
    なるほど、あの毛利さんだからっておしゃべり上手ってわけじゃないのね。
    でもいいな~
    あの、ホント少年のように純朴で実直な雰囲気、
    好みだわ♪

  2. sasa より:

    相当な数の講演してると思うのに意外だった。
    でも、子どもたちからの質問にも、
    次から次へと流すのではなく、
    ひとつひとつ丁寧すぎるほどに答えてくれてたよ。

タイトルとURLをコピーしました