ミュージカル「ズボン船長」

20130811-151947.jpg
■日時:2013年8月3日(土)13:30、18:30、4日(日)13:00
■会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
■出演:蔡暁強、浜畑賢吉、なだぎ武、コング桑田、木村花代
   桐さと実、西野誠、伊藤潤一郎、亀山貴也 他

シャオチャン出演の公演はシャオチャンが最初に登場することが多いのだけど、
今回は浜畑さん。
そして最初に歌い出すのはシェンシェラー西野さん。
初めてお目にかかりますが、華があってとても歌の上手な方ですね。
伸びやかな声でオープニングを飾ります。

タイトルロールのズボン船長を
浜畑さん、なだぎさん、シャオチャン3人で年代ごとに演じ分けます。

おじいさんズボン船長が「若い頃のぼく〜」
と呼んで出てきたのが大人ズボン船長・なだぎさん。
「いや、もっと若かったはず」と再コールして、
ヤングズボン船長・シャオチャン登場。
マリンルックがかわいい♪
でも、「え?こんな小さかったか?骨格も違うし」
となり、「君、若い頃のボク?」と確認すると、
シャオチャンが「そうよ」。

え?もしかして、今、シャオチャンしゃべった?
これだけでも衝撃的!

「君、なんか言葉訛ってないか?大丈夫?」
「大丈夫!」←シャオチャン

またしゃべった〜!
まさかこの役、台詞あり?

ここで結構しつこく、中国訛りについてのやり取りが繰り返されるのですが、
これが実は、今回シャオチャンに普通に台詞があることの伏線&
観客たちに対して訛りがあることの事前告知でした。

その上、さらなる驚きは、
シャオチャンが歌った〜!

台詞ほどは訛りが目立たず、歌上手〜♪
そして、しゃべったり、歌ったりすると、
あ〜やっぱりシャオチャンって四季の人なんだなあと思った。
ひとことひとことの滑舌が四季だもん。

台詞、歌、そして、もちろんダンス。
「みんな落ち着いて」と意味なく高ジャンプしたり、
カルニバルとサーカスシーンではシャオチャンのための
見せ場が用意されています。
これを見ないと帰れない!ファンにはお約束の
開脚ジャンプとピルエット。

それと再確認したのは、シャオチャンの表現力。
亡霊の声を聞いて、船医の白衣の端っこを引っぱり
ビクビク怖がる様子。
身体の動きも表情も丸ごとで表現されるの。
表現って体全体でするものなのね。

見ていて好きなのは水夫さん4人で踊ってる時。
手をあげる、まわす、そんな小さな動きでも
シャオチャンの動きがいかに美しいかが歴然。
やっぱ違うわあ〜とファンとしてはご満悦。

ストップモーションで止まるシーン。
他の3人がお尻をつけた安定した位置で止まるのに、
シャオチャンはわざと浮いた姿勢でストップ。
敢えてそんなきついところで止まるのがニクいよなあ。

そもそも、シャオチャンがどのくらい登場して、
ダンスがどのくらい楽しめるのかが心配でしたが、
sasa的には主役はシャオチャンだったし、
今回はダンスだけでなく、歌も台詞も楽しめて大満足。

秋にはソロダンス公演の再演があるという噂。
早くスケジュール発表してほしいものです。

コメント

  1. ゆう より:

    期待した以上にシャオチャン

    色々な場面に登場でしたね

    何よりも歌とセリフがあるのにびっくり

    ちょっとなまっていたけど

    必死にしゃべるシャオチャンも可愛く
    くてよかったです。

    シャオチャン
    ひとりダンスが抜きん出てましね。
    ポーズの美しさはさすが

    素敵な笑顔とダンスに癒されて
    たくさんの元気をもらいました。

  2. sasa より:

    ★ゆうさん
    台詞のところ緊張してて
    「男のロマン」のところで、噛みました。
    ダンスの時も、何一つ手を抜いてないなあと再確認。
    どの動きも指先まで、動かす曲線、角度、視線、どれも素敵♪
    全身に神経を尖らせてるんでしょうね。
    一緒に出待ちできなくて残念。

タイトルとURLをコピーしました