Peach

先日の大阪遠征では、前後の仕事が詰まっていて夜行バスが使えず、
調べてみると、夜行バスよりもお安く、
飛行機Peachを利用しました。

席が取れないってことはなかったんだけど、
ちょっと経ってチェックすると
どんどん料金がアップします。
席が埋まるごとに料金アップのシステム?
sasaが遠征を考えた時点で、発売から随分たっていて
行き:6190円
帰り:7690円

悩んでいるうちに数日経って見てみると
行き:7240円
+関西空港国内使用料(到着)350円+支払手数料315円=7555円
帰り:8490円
+関西空港使用料(出発)400 円+支払手数料315円=9205円

帰りはそこそこのお値段に上がってきました。

福岡空港での利用はいたって普通。
飛行機内は座席間隔が狭い。
乗務員さんが若く、明るい茶髪が多い。
もう少し濃い茶色の方が安っぽく見えないのになあと思う。
アナウンスもサービスもビシバシ、テキパキとはちょっと違う。

で、関西空港に着いてから愕然。
Peachは第2ターミナルに着くので、メインの第1ターミナルまで
いったん、連絡バスで移動しなければならない。
帰りがぎりぎりの移動時間を設定してただけに、
これ、先に知っておいて良かったあ。
この移動時間計算しないと飛行機に間に合わないところだった。

そして、そこから梅田までの移動が遠いこと。
電車で50分くらいかかるって、相当離れてるってことだよね。
移動の交通費も結構かかる。

大阪在住のファン友さんに話したら
「だから安いんだよ」

そうだよなあ。
これなら中心の大阪駅発着の新幹線&宿のパックの方が
料金的にも時間的にもよかったはず。
うまくいけば千秋楽も行けたかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました