DVD『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』


午後だけですが、家で1人という夢の時間ができ、
近所のレンタルショップで借りて来ました。
見とかなきゃね、と思っていた
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』。

政治や歴史に疎くても
サッチャーの人となりがメインだったので問題なし。
原題が『THE IRON LADY』なのに、そこに邦題『〜の涙』
と加えたところがくどいなあと思いましたが、
それくらい、「鉄の女と言われてても、
ちゃんと人間らしい部分もあったのよ〜」が前面でした。

「苦渋の決断をし」が何度も出て来ますが、
トップはこれができるところがすごいよなあ。
あんなに遠くのフォークランドに軍を送るとか
金持ちも貧乏人も税を一律とか、
思い切ったことをしないと改革にはならないし、
失敗すれば大惨事になるし、
絶対にこちらが正解!というものがない物事について選択をするのは、
思い切りというか、ある種の駆けのようなものなのだろうか。
考える時間が長過ぎてなかなか決断できないsasaには絶対無理!
いや、誰からもそれを求められてもいないけどね。

内容云々より、見どころはメリル・ストリープよね。
あんなに個性的な顔立ちなのに、
しばらく見ていると、それがメリル・ストリープであることを忘れ、
すっかりサッチャーにしか見えなくなっていた。

先日、『31年目の夫婦げんか』の試写を見ましたが、
こちらもトミー・リー・ジョーンズとの掛合いが絶妙で、
コミカルながら切なく、ほんとになんでもできる女優さんだよねえ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました