『ヘンリー四世』

20130518-202919.jpg
■日時:2013年5月18日(土)13:00
   (1幕2時間15分 休憩15分 2幕1時間50分)
■会場:キャナルシティ劇場
■出演:吉田鋼太郎、松坂桃李、
   木場勝己、立石涼子、星智也、矢野聖人、冨樫真、磯部勉、
   たかお鷹、辻萬長、瑳川哲朗、井面猛志し他

Starsが万全の予習だったのに対して、
こちらは全く予習なしで臨んだのがまずかった。
予習というかね、方向性だけでも知っておくべきだったわ。
チラシを見た時から鋼太郎さんの姿が妙な気はしてたけど、
登場するとビヤ樽のような巨漢の喜劇キャラなのね。
それさえ知らずに臨んだので、お話の世界に入るまでに時間がかかり過ぎた。

しばらく慣れてくると、鋼太郎さん=フォルスタッフの台詞まわしや
細かい動きがいちいち可笑しい。
なんか台詞を自由自在に転がしてる感じよ。
そうかあ、こういう所を楽しむ作品なんだって気付くのに出遅れ
惜しい事をした。
それに大型ペチコートみたいな輪っかをつけたままなのに、
テーブルの上に乗ったり下りたり、なんて機敏なんでしょう。
話は済んだとみせかけて、立ち去りながらひょいと振り返る、
その仕草や間が絶妙。
鋼太郎さんって、お固い王様だけでなく道化もお手の物だったのね。
それこそシェイクスピア役者さんってもんよね。

そして桃李くん(ハル王子→ヘンリー五世)。
全くお目当てでも何でもなかったんだけど、とても良かった。
オープニングはフォルスタッフとわいわい言いながら登場し、
蜷川さんのお好きな上半身裸となり、
転がり回りながら2人で遊んでやんちゃぶりを発揮。
安酒場でもバカ騒ぎばっかりやってるんだけど、
これが後半の王として立つ決意と対照的なの。
台詞も相当鍛われたのかしら。
膨大な量の台詞がはっきりとクリアに聞こえてきます。
もともとのちょいワル系のお顔立ちがキリリとセクシー。
色気のある役者さんだわ。

蜷川シェイクスピアは井面さん目当てに行くことが多いんだけど、
その井面さん、今回は結構台詞がありました。
それに、2幕の役が桃李くんの弟っていうのが笑ってしまった。
年齢的にはかなり無理がある。
若めのメイクで、お兄ちゃんたちの言うことに大人しく従ってる
様子がおかしい。

ラスト、ハル王子がヘンリー五世となったことを知り、
重用してもらえると思ってほいほい馳せ参じたフォルスタッフを
ハルがばっさり見捨てるところがつらいわなあ。
常識なしで申し訳ないけど、ここってハルも本意ではないんだよね。
王となり国を守るための決断だったんだよね。
この時の鋭く冷たいハルの視線もとてもよかった。

全部で4時間20分。
もちろん途中しばしウトウトしてしまいました。
でも、お話的にはとても面白かったの。
理解不足のところももう1回観ればもっと深められたはず。
チャンスがあればリベンジしたかった。
もっとフォルスタッフを楽しみたかった。

コメント

  1. 気になりつつもさすがにこれは断念しました。
    さいたまは早々に完売してたようで…。

    桃李は初舞台だった「銀英伝」では
    滑舌がまだまだという感じでしたが、
    蜷川さんに鍛えられたのでしょうか?
    声は良いんですけどね…
    すっかり売れっ子で映像系が忙しそうだけど、
    舞台もコンスタントにやってほしいものです。

    ところで、声といえば
    個人的に一度ナマでお聞きしたい声 No.1の
    磯部勉!
    うああ、いいなぁ。やっぱり観たかった!
    4時間超えは今の体力的には厳しいですが。

  2. sasa より:

    ★カエルちゃん
    桃李くん人気のため?チケット激戦だったよね。
    「銀河」に出てたのね。
    たくさんの出演者の中から抜け出てきたのは、やはり才能と努力?
    台詞きれいだったよ。身体もしっかりしてて動きもよかった。
    舞台、いいと思う。

    イソベツトム?
    慌ててパンフを確認。
    ノーチェックだったよ。そんなに声がよいの?しっかり聞けば良かった。

    4時間睡魔との戦いだったけど、面白かったよ。

タイトルとURLをコピーしました