『マシーン日記』

20130421-160052.jpg
■日時:2013年4月21日(日)13:00 上演時間2時間(休憩無し)
■会場:北九州芸術劇場 D列14
■作・演出:松尾スズキ
■出演:鈴木杏、少路勇介、オクイシュージ、峯村リエ

大人計画みたことないので、初の松尾スズキ作品。
以前、王子も出てみたいと言ってましたね。
どんな世界なんだろうと思ってたら、
なんともエキセントリックな狂気でした。

4人とも狂っています。
愛の世界と書いてあったのですが、
どこにも共感できない。
他の方のレビューを読んでも、理解とかそういうものではないらしい。
面白いのは確かだったのです。
オープニングから暴走して目が離せませんでした。
端々に笑いの要素も含まれています。
こんなに救いがないのに面白いというのも不思議なもんです。
で、当然、観終わった後の後味も悪い。

ナイロンの峯村さんの存在感と
棒読みのようでいて説得力のある台詞が目当てでした。
初演は片桐はいりさんだったとのこと。
あの超越したキャラクターを、観客に有無を言わさず演じるのは
相当なプレッシャーだったでしょう。
男性陣も阿部サダヲさんと松尾さんが演じていたそうです。
ハイレベルなキャストだったんですね。

峯村さんがロボットコスチュームで登場した時に
オズの魔法使いがよぎったのですが、
実際、その後、ライオン、かかしと続いて
杏ちゃんは憧れの主役ドロシーというオチもついてました。

カテコには松尾さんも登場。
地元での公演を喜んでいらっしゃいました。

コメント

  1. hiro より:

    松尾スズキさんの作品って観たことありません。
    確かに芳雄くんは出てみたいと言ってましたね。
    観終わったあとの後味の悪さ・・・う~ん、ちょっと私は
    遠慮します。。。
    明日はいよいよ「猫弁と透明人間」ですね。

  2. sasa より:

    ★hiroさん
    え?『猫弁と透明人間』って全くノーチェック。
    さらに、今確認したので、初回見逃しました!
    HP見たら、なんでしょう?あの怪しい姿は。
    せっかく教えていただいてたのにショック!

    テレビだと浮いてしまうことが多いので、
    今回は異様なキャラをうまく活かして溶け込めるといいなあ。

  3. hiro より:

    sasaさん、知ってるとばかり・・・
    早くお知らせすればよかったですね。
    私も録画したもののまだ見ていません。
    引きこもりの暗い役で、映像のお仕事はそんな役が
    多いですね~
    単発のドラマだったので今回のみの出演でした。
    原作脚本の大山淳子さんから「原作から抜け出したよう」
    と高評価だったそうですよ。

  4. sasa より:

    ★hiroさん
    いえいえ教えてくださってたのにぼんやりしていた私が悪いのですぅ…。
    それも「初回」なんてトンチンカンなこと言って、
    実は1回限りのドラマだったんですね。
    あの役で原作通りってなかなかビミョーですね。

タイトルとURLをコピーしました