ミュージカル 「100万回生きたねこ」

20130211-222642.jpg
■日時:2013年2月9日(土)13:00
   (1幕1時間20分 20分休憩 2幕40分)
■会場:北九州劇場
■演出:インバル・ピント、アブシャロム・ポラック
■出演:森山未來、満島ひかり
田口浩正、今井朋彦、石井正則、大貫勇輔
銀粉蝶、藤木孝
水野栄治、柳本雅寛、江戸川卍丸、皆川まゆむ、森下真樹、
清家悠圭、鈴木美奈子、三東瑠璃

それはそれは美しい世界でした。
クリエイティブってこういうことなんだなあ。
そしてとびきりハイクオリティのセンス。

奥行きのある部屋のセットはシンプルだけど
色合いといい、ちょこんとおかれたお家といい、
なんとも愛らしく、そこに女の子・満島ひかりちゃんが
ぴったりしたドレスを着てパントマイムのようにピコピコ登場します。

この時点で胸打たれた。
美しい、美しすぎます。
ひかりちゃん、動きがとてもよいです。

そこにトラネコ未來くん登場。
しな〜り床に寝そべったり、本棚に上ったり、
どうみても猫!

佐野洋子「100万回生きたねこ」が原作で、
それをダンサーであるインバルとアブシャロムが振付・演出。
100万人の飼主のもとで可愛がられては死に、100万回生まれかわるネコ。
どの飼主も悲しむけれど、ネコ自身は平気で「そんなの日常さ」。
ある時、ネコは飼い猫をやめて自分のネコになり、白ネコに出会う
というお話です。

前半はネコが王様の猫になったり、手品師の助手になったり、
泥棒の仲間になったり、船乗りの猫になったり。
台詞は少ないのですが、韻をふんでて掛け合いも小気味よく、
楽しく、かつセンスの良さを堪能。

細かいパーツも人がイスになってたり、天井から泥棒が現れたり、
可愛さがあちこちに散りばめられててドキドキが続きます。

そんな中、未來くんはさすがだ!
しなやかな動きはもちろん、歌もよいし、
1幕はへそ曲がりキャラで、表情もねじ曲がっててくそガキっぽい。

そして2幕で白ネコと出会うわけですが
この出会いのシーンがとても素敵。
自分のこれまでの数々の武勇伝をどうだ!とばかりに自慢しまくるトラネコに
全く無関心で、トラネコの方を見ることさえなく「そう」。
この時のトラネコの自慢話と白猫の「そう」の間が絶妙なの。
そしてひかりちゃんの声が透明!

そうするうちに2匹の距離は近づき、
しりとりをはじめます。
・・・「すき」「きざ」が何度か繰り返された後、
・・・「すき」「きみ」。

なんだあこれは!!
やられた〜!

このしりとりの間に2匹は歳を重ね、
しりとりは「よぼよぼ」
トラネコの膝で眠る白猫は翌朝になっても目が覚めなくて…。
この時はじめてトラネコは泣くのです。
大泣きするの。

あ〜、切ない。書いてても泣けてくるよ。

全体として台詞はとても少なくてシンプル。
ミュージカルというよりバレエのような動きだけで魅せるシーンが多数。
その中で、第2のお目当てだった大貫くん、目立ってたよ〜!
集合で踊ってても、大貫くんはすぐみつけられます。
ダンスだけでなく、台詞も結構ありました。
声もしっかりしてたし、ダンスも台詞もできれば有望だね。

お目当ての未來くんも、大貫くんも、他のキャストさんも
セットも台詞も音楽もダンスも
とにかく全てが素敵だった。

あの世界に身をおけたことに感謝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました