『組曲虐殺』

20130112-185653.jpg
◆日時:2012年1月12日(土) 12:30
    1幕1時間40分 15分休憩 2幕1時間20分
◆開場:キャナルシティ劇場
◆作:井上ひさし
◆演出:栗山民也
◆出演:井上芳雄 石原さとみ 山本龍二 山崎一 神野三鈴 高畑淳子
◆音楽&演奏:小曽根真

う〜ん、重い、重たい、重たすぎる…。
放送で観ていたとはいえ、生はさらに痛ましくてキツかった。
お仕着せではなく、軽いペーソスで進行するんだけど、
精神的にそうもいかず…。
笑いの部分もいっぱいあり、会場も大笑いしてたけど、
気持ちが沈んであまり笑えなかった。
「ゆるぐねえ…」

でも、こんな痛ましい作品だからこそ、家で録画で観るのではなく、
ちゃんと会場で生で一緒に向き合うべきだと思った。

「後に続く者を信じて走れ」
これ、今はまさにアンジョとダブる。
でも、本当にあったこと、拷問の事実を思うと
さらに痛ましい。
「変わらない、何一つ」だったアンジョたちと違って
多喜二の虐殺は何かを変えたのだろうか。

王子は素晴らしかった。
苦悩させたら若手ナンバーワンだね。
さらっとした和装もいい感じ。
再演だけに、6人の役者さん+小曽根さんのチームワークが固いので、
作品が安定しています。

会場にはお父様らしき姿も見え、
きっと王子の同級生と思われる男子グループもいたり、
こっくり居眠りするおばあちゃんはご親戚かしら?

カテコも内容が内容だけにいつもの爆笑地元トークも全くなく、
お辞儀だけで終了しました。

コメント

  1. hiro より:

    今日でしたね。本当に重い作品です。。。
    初演の時は夫と二人、終演後にすぐには立ち上がれず
    言葉もないほど衝撃的でした。
    チラシのみんなの笑顔がかえって辛く感じます。
    こちらは23日です。

  2. sasa より:

    ★hiroさん
    途中の笑いの部分も結末を思うと気持ちが沈み
    終演後も「観て良かった〜!」という晴れやかな気分にはなれず…。
    レポもあっさりしたものになってしまいました。
    自ら「絶望と希望の橋渡し役」を買って出て、拷問にも屈せず、
    そんな人生でよかったの?と思うけど、
    日常には家族や仲間との楽しい時間、うなぎやカレーが好きな普通の暮らし
    もあったということでしょうか。

    きっと初演の時より安定感がアップしてると思います。
    23日、楽しんで、とは言えないので、どっぷり沈んできてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました