映画『レ・ミゼラブル』2回目

20121224-221032.jpg
早くも2回目行ってまいりました。
また新たな発見続出で、今まで理解してたんだかどうだか自信なくなる…。
※今回、前回以上にネタバレありです。ご注意ください。

CDやミュージカルではなんとなく音楽と感情に流されたまま
きっちり抑えてないようです。
それが字幕でしっかり提示されるのでクリアになりますね。
CDはロンドンキャスト版も東宝版も両方しっかり聴き込んでいるにも拘らず、
バルジャンの囚人番号が日本語では「24653」
英語では「two・four・six・o・one(24601)」
であることに初めて気付く。

ジャベールが牢獄で生まれたことについても然り。

原作には書かれているのかしら、
子どもの頃に読んだきりなのでおさらいしなくちゃ。
*ファンテーヌは髪だけでなく歯も売る
*馬車の下敷きから助け出した男が、後にバルジャンを救う
*ガブローシュが住んでいる象の塔
*マリウスのおじいちゃん。
*コゼットの落とすハンカチ

舞台版との違いを認識できたのは
*マリウスの手紙を届けるのがエポではなくガブ
また、パリの貧困の様子、ガブローシュはじめ孤児たちの様子、
『ワンデイモア』の闘い前夜の各人の状況は映画ならではわかりやすさ。
街を駆け抜けるガブローシュの「follow me!」も効いてます。

その他メモ
*司教さまはミュージカルの美しい声よりも、
 少ししゃがれた声も年齢もイメージぴったり。
*バルジャンがコゼットを森から連れ帰る時、コゼットはお店の人形を見やり、
 バルジャン買ってやるのかなあと思いきや素通り。
 どうしてかなあと思っていると、実はバルジャンは事前にちゃんと用意していた
*司教さまの許しを得た時とコゼットを引き取った後の2回
 バルジャンが生まれ変わりを宣言するのはどちらも教会
*コゼットとマリウスの出会いの、お互い相手のことしか目に入らなくなっている、
 ひと目惚れのわかりやすさ
*プリュメ街のコゼットが門の前に姿を現すシーンの美しいこと!
*バリケードは市民たちが家具を落として作る
 →ジャベの言う通り、学生のやることの脆弱さ
*エポは体に晒を巻いて男装する
*闘いに散ったガブの胸にジャベが勲章をつける←ラッセルのアイデアらしい。
*下水道シーンのバルジャン、お祭り?と思うほどの顔に泥。
 イケメンの面影ない汚れ。あっぱれ。
*バルジャンの告白を聞く時、そんな深刻な話だと思わず
 ニッコリして聞き入るマリウスの無邪気さ
*バルジャンは慌てて荷造りする時も最期のシーンも
 司教様にもらった燭台を傍にしている。

やはり今回もマリウスいいわあ。
特にささやき歌がよい。
『プリュメ街』後半と『恵みの雨』の出だし。
エディ・レッドメイン、以前『美しすぎる母』で拝見してましたが、
(実は『ブーリン家の姉妹』でも)こんなに歌がよいとは!
調べてみると、ほんとにいいとこのお坊ちゃまで、
イートン校で学び、ウィリアム王子と同級生なんですって。
品の良さは表れるものね。

舞台ならずとも2回目は感動の波は強く、
『夢破れて』にはさらに感動!
ファンテーヌ、舞台で某演出家さん夫人がされた時、全く泣けず
今まで一番感動したのは岩崎宏美さん。
でもアン・ハサウェイはそれに劣らぬ、いやそれ以上の素晴らしさです。

そしてラストが前を向いて力をもらえるのは
ファンテーヌも群衆の中にいて『民衆の歌』を高らかに歌い上げるからなの。
口をキリッと結んで勇ましく、すっきりと。
その横にはバルジャンもいて、2人とも清々しい表情。
決して幸せだったとは言えないんだけど、
2人が何よりも望んでいたのはコゼットの幸せであり、
それが叶った今は本当の心の平穏を持てたのではないでしょうか。

コメント

  1. taki より:

    素晴らしいレポありがとう!
    いやいやいや、おっしゃる通りです!
    というか、私が気付いてないことにも気付いてるね。さすが。
    マリウス、配役的にナイスよね。お坊ちゃまキャラで。
    でも個人的に(聞いてない?)好みのタイプじゃないのよ。
    それよりアンジョどう?
    私ルックス的にド真ん中。直球ストレート。
    登場した時点で、「あ、好き❤」って思っちゃった。
    レミゼと関係ないわね。失礼・・・

  2. hiro より:

    昨日の午前中に家族で行ってきました~!!
    sasaさん、細かいレポ、さすがです!
    期待していた以上に良かったですよ!
    ヒュー・ジャックマンかっこいいですね♥歌も!
    私、昔にDVDを見ていたのでいろいろわかっていたつもりでしたが、
    それでも新しい発見がたくさんありました。
    マリウスの「カフェソング」は舞台版の演出のほうが好きです。
    takiさん、アンジョもいいですね。もう少しみんなを引っ張っていく
    強さがあってもいいかな・・ジャベール、歌がもうちょっと・・・
    エポニーヌの登場が少なめで、バルジャンの最後には出てこないのも
    舞台版と違いますね。ファンテーヌの「夢破れて」には泣けました。
    息子と年内リピが確定しました!

  3. sasa より:

    ★takiちゃん
    マリウスは見た目軟弱っぽいのに、歌がしっかりしてたので感動。
    アンジョはもともとキャラ自体がかっこよいので美味しい役なのに、
    民衆を率いるリーダーって感じがもう少し。
    マリウスと並んで演壇に立ってる時に、背丈が変わらないのよ。
    学生たちの中でひときわ輝いていて欲しい役なのでね。

    それとウィッキでアーロン・トヴェイト検索してみて。
    ちょっと意外な素顔だったよ。

  4. sasa より:

    ★hiroさん
    ということは、takiちゃんと3人とも同じ時に観てたんですね。

    バルジャンに格好良さは求められてないのに、
    ヒュー・ジャックマン、無駄に格好良いですよね。

    カフェソングは私の一番好きなシーンなのですが、
    背景にアンジョはじめ仲間達が思い起こされるからなんです。
    なので、あのガランとした部屋でのカフェソングは確かに「empty」ではあったけど、
    グッと来る感は薄かったです。
    でも、ミュージカルも新演出はまた変わってるのかなあ。

    ラストはエポから司教さまに変わっていましたね。
    でも、その方が納得いく導き方だと思いました。
    それにあの司教様、なんだか存在感が違うと思ったら、
    私の持っているCD・ロンドンオリジナルキャストのバルジャンでした。
    どうりで深みがあるはずです。

    次回は1人でどっぷり浸かろうかなと。

タイトルとURLをコピーしました