映画『レ・ミゼラブル』

いよいよ公開ですので、いってみよ〜!
ネタばれ大いにあり!なのでご注意を。

まず最初に申し上げますが、
ミュージカルとイメージ違ってガックシ…なんてことはないので、
安心して観てください。
シーンとシーンのつなぎもすごくうまくできていています。

☆キャストさんたち
○バルジャン:ヒュー・ジャックマン
かっこよすぎでしょ~!無駄にかっこよいバルジャン。
でも、映画は顔アップだから目の保養になるわ。
コゼットとも歳の離れた恋人に見えなくもない。
コゼットがマリウスに恋して「グスンっ」としてるところなんて
可愛らしいです。

○ファンティーヌ:アン・ハサウェイ
工場シーンではピンクのドレスなんか着て、どう見ても美しくて浮いてるので
大丈夫か~!?と思いますが、実際、その後の変化ぶりは凄まじいですよ。
この役にかける気迫がみなぎっています。
それだけに『夢やぶれて』が泣けます。
ファンティーヌ、難しい役だと思うのに、アン・ハサウェイすごいです。

○ジャベール:ラッセル・クロウ
シャープさがいまひとつかなあ。
ちょっとぼよよ~んとしてるんだもん。
もっと鋭いナイフのようなジャベールがよいなあ。
名曲『Stars』も弱かった。

○マリウス:エディ・レッドメイン
わたくし、今回はマリウスイチオシ!です。
品の良いいいとこのぼっちゃんイメージぴったりで、
その上、なんといっても歌が良いのですよ。
アンジョたちが「市民のために闘うぞ」と言ってる横で
「コゼット~♪」と浮かれているという、なんとも情けないキャラだけど、
このマリウスはそれでも好感がもててしまう。

○コゼット:アマンダ・セイフライド
『プリュメ街』の高音もきれいなのですが、
『マンマ・ミーア』にも出ていただけに、
ちょっとヤンキーなアメリカン娘のイメージが。
箱入り娘のお嬢様というより明るく元気なギャル?

○マダム・テナルディエ:ヘレナ・ボナム・カーター
『英国王のスピーチ』では久しぶりにヘレナのフツーの姿を見ましたが、
最近はこういうキワモノが違和感なくなってきたから不思議です。
あんなに上品なのにね。
はい、もちろんぴったり全開でやり遂げてました。

○テナルデイエ:サシャ・バロン・コーエン
ミュージカルのテナルデイエはずんぐりむっくりのイメージだったけど、
今回は背高のっぽさんなのが新鮮でした。

○エポニーヌ:サマンサ・バークス
エポニーヌの重要性が舞台よりも薄めでした。
映画ではコゼットの方がメインです。
やはりそちらの方が万人にわかりやすいからかもね。

○アンジョルラス
ハンサムなのですが、少し線が細目。
もう少したくましく頼りがいのあるアンジョだとよかったな。
仲間たちを率いるというより、溶け込んでましたもの。

○ガブローシュ
泣かせます。
弾を拾いに行って打たれ、最期にカバンを投げるシーンはありませんでした。

☆こう来たか~!
○オープニング:壮大なスケールの船のシーンでスタートします。
ミュージカルでは、囚人たちが狭い世界をぐるぐるまわってるイメージだったので、
ここかなり衝撃的。

○バリケード:最初意外に小ちゃいのであれ?
アンジョのあの大事なシーンはどうなるんだ?と見てましたが、
ほ~こうなるのか~。
あのイメージは残しつつ、違う展開なのでお楽しみに。

○ラスト
最後はバルジャンの悲しいシーンから全キャストの『民衆の歌』に移るわけですが、
ここもうま〜い具合に移行します。

☆新曲
バルジャンがパリに馬車で向かうシーンで聞いたことのない曲が…。
まさかsasaの知らない曲?と心配になるも、
いえいえ新曲『Suddenly』でした。

☆舞台じゃないよ、映画だよ。
どうしても『宿屋の歌』のところとか『ワンデイモア』とか
終わったタイミングでいつものように拍手喝采したくなってしまうので、大注意!

いちファンの素人が心配しなくても、その道のプロがちゃ~んとアイデア出して
ファンの期待を裏切らない、納得のいく設定にしてくれているものです。
それにあれだけの名曲の数々があれば、感動しないわけがない!
音楽の力の強さを実感しました。

コメント

  1. taki より:

    ありがとう!何度も読み返したわ。
    高まる期待・・・!

    家族のスケジュール調整の都合で
    夫&長男は22日の夜
    そして私&娘は24日(クリスマスだし)の朝一に観る予定。
    今日、座席指定してきたのよ。
    ほんっとに楽しみ!

  2. hiro より:

    私も何度か読み返しました!
    前にメールをいただいたときもすご~く期待が高まって
    ワクワクしました。忙しくてお返事も出来ないままで
    ごめんなさい。
    早く観たい!でもいつ行けるのかまだ未定・・泣
    takiさんの感想も待ってます!

  3. ややや より:

    私は26日(レディースデイ)の夜に観る予定よ。
    楽しみだわ♪

  4. sasa より:

    ★takiちゃん
    旦那様もご覧になるのね。
    確か英語版のCDがどこかにあるはずだったよね?みつかったかな?
    英語版も聴きたくなると思うよ。
    私も日程未定だけど次男と行く予定♪

  5. sasa より:

    ★hiroさん
    早く行けるといいですね。
    私も早くリピしたい。
    会社では「試写会行ったのにまた行くの?」と言われましたが、
    博多座1回の料金で何度見られることか!
    hiroさんの感想もお待ちしております♪

  6. sasa より:

    ★ややちゃん
    予定入れてるのね。
    みなさんの感想が楽しみよ。

  7. 行ってきました!

    直前に25周年コンサートのDVDを観て
    気分を盛り上げつつ英語歌詞を予習してから映画館へGO。
    映画館の帰り道、スマホから即サントラCDを注文。
    いやぁ、年末年始のうちにもう1度行ってしまいますね、これは。

    お目当てさんがいない場合はジャベール重視ゆえ
    いかにも“お歌”になってしまっていたラッセル・クロウには若干不満…。
    意外だったのは、
    舞台ではムサい飲んだくれヒゲ野郎なグランテールが
    えらくかわゆい子だったこと。
    あと気になったのは、
    アマンダ・セイフライドが歌うシーンでのデコ皺…。
    あああ、くだらない感想でごめんなさい。

  8. sasa より:

    ★カエルちゃん
    私も1回目はiPod聴きながら盛り上げて映画館入りだったよ。
    今日も2回目見たわけだけど、その後の上映引き続き見たいくらいだったよ。
    何回でもリピできそう。

    そうなのよ、ジャベがねえ。
    ほんとはイメージ逆だもんね。
    ヒュー・ジャックマンの『Stars』が聴きたいくらいよ。

    グランテール、確かにあまりいいイメージないもんね。
    というかクールフェラックの活躍が意外に多くない?

    デコ皺、今度チェックするわ。
    また感想寄せてね。

  9. いやいや、グランテールはムサい飲んだくれヒゲ野郎の方がよかったんです。

    「ABCカフェ」で恋するマリウスをからかったり、作業もせずにガブローシュとじゃれてたり飲んでばっかりだからアンジョルラスに酒を置けって注意されてたり、
    悪ぶってるくせに「共に飲もう」では死ぬことをいちばん恐れてたり、
    そういうどうしようもない奴をアンジョルラスがいちばん気にかけてる感じなのが萌えポイントなのですよ。

    だから、グランテール役のジョージ・ブラグデンがえらくかわゆい子(個人的には映画出演男性陣でいちばん好み)だったので「えっ?」となったのです。
    最後、アンジョルラスに赤い旗を渡して2人で果てるのは良いシーンでした。

    うーん、クールフェラックはちょっと特定できなかったです。

  10. sasa より:

    ★カエルちゃん
    グランテールをそんな風に愛おしく観ている人がいたことに驚くよ。
    酒ばかり飲んで、マリウスをからかうし、かっこいい俳優さんだったこともないし。
    原作でも醜男らしいね。
    でも、そんなコメントされると可愛くも思えてくる。
    アンジョとの関係性も気付かなかったよ。
    「酒を置け」がなくなってる?

    学生については、認識まではまだ遠いなあ。
    次回はフイイ探しに集中してみるわ。

タイトルとURLをコピーしました