『Delicious Deluxe』

20121203-210219.jpg
■日時:2012年11月23日(金・祝)19:00、24(土)13:00、17:00
    上演時間2時間半(休憩15分)
■会場:日本橋三井ホール
■出演:中島周、蔡暁強、吉本真悟、大野幸人、風間無限、宮垣祐也
    TETSUHARU、新上裕也、SHINICHI[BUTTER]、丞威Joey
■座席:23S/C列10番(上手サイド3列目中央)
   24M/RI列11番(センター中央後ろから3列目)
   24S/RF列15番(センター中央8列目)

もちろんシャオチャン目当てにはるばる遠征したわけですが、
ありゃりゃ〜!メンバーみなさんなんだか格段にレベルアップしてませんか?
シャオチャン、周さん、吉本さんまでは注目していたものの、
今回は大野さん、無限さんまで見逃せない始末…。
TETSUHARUさんも振付けは好きだったけど、わお☆こんなに格好良かったんだ!

う〜ん、細かい描写は全くもって無理なので、
いつも通り、sasaは好きなところだけ書くぞ〜!
素人コメントお許しください。

オープニングは今回もシャオチャンから始まり、
シャオチャンってそういう役回りなのね。

★ソロは大野さんから。
専門はジャズだそうですが、これはバレエ的な動き。
それがとてもしなやかなのですよ。
そして、これはこれで美しいのだけど、速いダンスではさらに本領発揮。
新上さん、TETSUHARUさん、大野君の白黒ファッションのダンス、
3人ともキレがすごかった。
そして、大野くんには女装もありました。
カツラに大きなサングラスとはいえ、
客席を通る時の「ここいいかしら?」の振る舞いも足取りも美しく、
女装の気持ち悪さは全くなく…。
踊りもダイナミックな大きい動きでありながら、女性らしく艶があった。

★吉本さん
あんなに可愛らしいお顔なのに男っぽいところが魅力です。
ためらいなく大きく跳んで、ぎりぎりのところでピタリと止まる。
大きなステージではないので、見ている方はハラハラします。
その躊躇しないところに男気を感じます。
かと思えば、無限さんとツインズを思い起こすかわいいダンス。
こちらはコミカルで楽しい。

★周さん
踊りが大きい。すごく背が高いのかと思いきや実際はそうでもないのにね。
手足を大きく広げる動きがたおやかでただただ美しく、見とれる。
みんなとは一線を画す役なので、群舞に交じらないことが多い分、
ソロでしっかりと見ることができました。
そして、新たな魅力としては、ラストのみんなでノリノリで踊る時の
楽しそうな姿。
ポップな動きでも一動一挙手が美しく、見応えがあります。
そして終始笑顔なのですよ。
美しい顔立ちでクールに見えるけど、普段はよく笑う方なのかなあと。

★無限さん
『GQ』のときはノーチェックだったけど、今回目を見張りました。
誰よりも回転が美しいのです。
無限さん見た後だと、シャオチャンさえ「あれ?ぶれてる?」って気になる。
高速で、ほんとに無限にまわりそうな勢いでクルクルクルクル、軸がぶれない。
感動的で、回を重ねるごとに無限さんのソロが楽しみでした。

★TETSUHARUさん
『GQ』ではラストのダンスは印象的だったけど、
ストーリーテラー的役割で、ばりばりダンスはなかったし、
振付け専門なのかと思ってたのですよ。
ところが、今回はTETSUHARUさんの凄さも堪能。
複数で踊る時もTETSUHARUさんだけ微妙に動きが違うの。
頭とか膝とか微妙にオリジナルの動きを追加していて、さすがは本家!って感じ。
それにTETSUHARUさんの振付けはエンタメ度抜群ですね。
華があって、見ていて楽しい。

★シャオチャン
さ〜て、シャオチャン♪
ストーリー性のある作品なので、ちょこちょこ登場して、
クラブデリシャスのイメージ作りに一役買ってました。
表情も動きも愛されキャラですからね。
振付けは、正直、sasaの好きなシャオチャンの魅力〜妖しいダンスとは
少し違うものでした。
アクロバティックな動きが多めだったかな。
十八番の開脚ジャンプもきれいに決めて、会場湧いてましたけどね。
それでも、群舞の時の、わざと少し遅れめに動いて、最後はぴたりとあわせてくる。
これ、ドキリとします。
その絶妙な間合いが、セクシーなのです。
こういうのって計算?天性のもの?
ラストはちょうど周さんと同じラインだったので、
2人一緒に視覚に入れて見逃さないようにしてました。

今回何が楽しかったかって、このメンバーがいつも一緒に踊っているお仲間ではなく、
それぞれプロとして1人で立っているダンサーであり、
それぞれ自分の最高のダンスを披露してくれるところ。
フィナーレのソロはみんな「これはだれにも負けない!」という気迫と気合いに満ちていました。

そして、観客も観劇1回という人はほとんどいなかったんじゃないかな。
sasaは3回観たけど、4回オールという方も多数だったし。
ラストの回では、次に誰がどんなダンスをするのか周知で、
それを期待して待ち、期待以上に魅せてくれるダンサーに大盛り上がり。
会場全体で楽しんでいることを体感できるステージでした。
この場にいられることが感動でした。

ミュージカルから流れてこっちに来ましたが、
こんな楽しい世界を知ることができて幸せです☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました