『ジェーン・エア』追記

8日マチネはトークショー付だったのですが、
博多座HPに映像がアップされるわけでもないようなので、
一部ご報告その他。

端々で思いますが、松竹系は演出が地味ですね。
初日にご挨拶がないというのも不思議だったし、
この分だと、まさか千秋楽もお辞儀のみ?
東宝系だと詳細なレポをアップしてくれるのにね。

登壇者はさとしさん、福井さん、小西くんのメンズ。
テーブルにお水がないと思ったら、松さんが博多座法被を来て登場し、
ペットボトルを配って去って行きました。

関西人が2人ということで、なんともテキトーなトークが続きます。
小西くんが一番真面目で、あまりの無駄話にヤキモキし、
「ジェーンの話しましょうよ!」と軌道修正します。

小西君、細くて長い脚にジーンズ、上は革ジャンというのはよいのですが、
靴がさあ、中学生が履くようなランニングシューズなの。
それもプーマとかアディダスのお洒落なのじゃなくて、
ほんっと普通のシューズ。

そんな小西君、失敗談を聞かれて、実はこの日、台詞を飛ばしたらしい。
「ぼくの数少ない登場シーンを自分でカットしてしまったんです」って。
このトーク、ナイスだった。
それに、やっぱりご本人も登場シーン少ないなあと思ってるのね。

博多の印象は、反応がダイレクトとはよく言われますが、
カテコの時に顕著らしく、さとしさんがステージ席のお客さんに
投げキッスしたりウィンクしたりすると、東京ではさーっと引かれるのに、
博多は投げキッス返しをしてくれるらしい。

あとね、この日は3階席だったので、高校生の団体が入ってたの。
お席近辺でこれに遭遇すると、正直「あちゃー」となるわけですよ。
ミュージカルなんて興味のない若者たちが学校行事で連れて来られて、
3時間もじっと座って我慢できるのか?って。
こっちは真剣勝負で観劇に臨んでるわけですからね。

それが、この学生ちゃんたち、幕が上がるとひとことのおしゃべりもしませんでしたよ。
携帯も鳴りませんでした。
それも、ウルウルシーンでは、sasaの後ろからすすり泣きさえ聞こえてきて、
女学生かと思って後から見てみると、男子だったのですよ。
そして、最後に「あの奥さん(バーサ)が一番かわいそうじゃない?」って。
主役のジェーンに気持ちがいくものだろうに、バーサのことを気にかけるなんて。
sasa、反省しましたさ。見かけで判断しちゃいかんね。

コメント

  1. わーい、トークイベントのレポありがとうございます。
    一応、軌道修正の“お仕事”はしたのですね。
    いつもイベントに出ても“お客さん”みたいにしてるんで
    観てる方がヤキモキするんですよ…。
    あと、残念ファッションはいつものことなので(笑)
    気にしないでやってください。

  2. sasa より:

    ★カエルちゃん
    そうよ、貴方のためにレポしたわ。
    小西くん、最初はほんとにお客さん状態で、
    このトークショーに彼の活躍の場はあるのかと心配したよ。
    でも、関西兄さんたちが盛り立ててくれてソツなく終わったよ。
    私もホッとした。
    シューズはプーマとかだとばっちり格好良かったんだけどね。

タイトルとURLをコピーしました