BISTRO.INN えばーぐりーん

今回のお宿は阿蘇メルヘン村のペンション
「BISTRO.INN えばーぐりーん」さん。
20121111-100511.jpg

こちらね、それはもう大変なお宿でした!
今回の目的は「料理が美味しい!」ということでネットで検索して、
こちらに決めたのですよ。
それが、もう、唸るほど素晴らしいフルコースのイタリアンディナー。
シェフは東京に招かれて行くこともあるそうで、
食材も地元産の珍しいものも使ってあったりして、感動☆

写真だけでは味は伝わらないと思うけど、その全貌をご紹介しませう。
☆前菜:
リゾットのコロッケや、栗と牛肉の煮込み、トリュフ入りオムレツのバゲットなど。
20121111-100527.jpg

☆スープ:
sasaの大好きな、カブだあ。ふわふわしてます。
20121111-100537.jpg

☆パン:
自家製フォカッチャ登場。美味しすぎるので食べ過ぎ注意です!
20121111-100633.jpg

☆パスタ:
干しえびとキャベツのパスタ、春菊ソース。
20121111-100546.jpg

☆お魚料理:
捕れたて!さよりのフリッター。新鮮とはこういうことか。生臭さ全くなし!
20121111-100600.jpg

☆お口直し:
あけび。「お口直しって何?」なにせ子ども達には初めてだもんね。
20121111-100614.jpg

☆お肉料理:
鶏肉の煮込みに、葡萄の葉の塩漬けで包んだリゾット&栗やお野菜。
20121111-100644.jpg

☆デザート:
こういう飴細工、テレビで見たことある〜!
シェフはパティシエを目指してたこともあるということで、デザートも本格的。
20121111-100653.jpg

さあ、いかがでしたか?
子どもたちも、ただならぬ様子を察知して、どの料理にも目を輝かせます。
パスタはミートソースしか食べず、いつも食わず嫌いの長男も、
強敵なす・ズッキーニ・カリフラワーに至るまで全て完食。

お宿自体は建物がかなり古く、
お風呂もビフォアフターに出て来そうなタイル貼り・ステンレス製で、
廊下で歩く音とか響き渡り、早朝から目が覚めました。
朝食もごく普通です。

なので、目的はあくまでもディナーと考えてください。
sasaは目的を完全に達成して大満足。

して、このお宿、1泊2食付でHow much?

3人部屋利用で、@6800円×3名
でした。
ディナー代だけでも足りないくらいのお値段ではないでしょうか?

宿は寝るだけでよいので、美味しいものが食べたい!という方、
是非おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました