ミュージカル『ジェーン・エア』2回目

20121109-065015.jpg
■日時:2012年11月8日13:00
■会場:博多座
■出演:松たか子、橋本さとし、寿ひずる、旺なつき、阿知波悟美、山崎直子、
    辛島小恵、小西遼生、福井謙一、壤晴彦 ほか

やっぱ2回目は感動が違うねえ。
出ずっぱりで心配していた松さんも相変わらずの美しい声で、
前回以上にずず〜っと感動の域に入ることができました。

sasa的ポイントをメモとして。※ネタバレおおいにありますのでご注意。
○2人のポートレート
最初に自分の顔を書き、美人じゃないことにがっくりきて
気分を変えようとイングラム嬢を書き、2人の顔を見比べて
ますます自分に勝ち目がない〜と確信し、自暴自棄!
それもこれも自分で勝手に始めたことなのに…ってところが可愛い。

○ジプシー女
台詞がとてもよく曲にのっていて名曲だと思う。
sasaは原作で知ってたけど、昨日は客席から驚きの声も出てたので、
初めての人は気付かないのかもね。
丸い背中がすっ〜と伸びてどんどん大きくなる様も好き。

○イングラム嬢の歌
前回は他のキャストさんだったらしいですね。
辛島さん、美人だし、歌も上手だけど、あのオペラ歌手ばりの高音は
きついかなあ。

○フェアファックス夫人の祝福
身分違いの結婚に反対して、
「美人でもないしお金もないし、あんな普通の子がどうして!」
と剣幕だけど、それはジェーンを心配する親心でもあり、
最後は気持ちのままに祝福する、ここ好き。

○リード夫人との再会
ジェーンと病に伏せるリード夫人との再会シーン。
ここ、sasaはどうしても、小西シンジュンに目がいってしまい…。
2人が過去の言い合いをしてる時、シンジュンどうしてるのかなあと見てたら、
全く表情が変わらないのよねえ。
シンジュン、というか小西くん、何を考えているのだろうか。

○エンディング
ジェーンとロチェスターの心がはじめて通じるシーンがいまいち感動しないと前回書いたけど、
本当に一緒になるのはこっちだからいいのかもね。
それも2人だけでなく、後方でメイドたちがすっごく嬉しそうにしてるのが
思わず笑顔になる。
特にベッシーの谷口ゆうなさん。
アンサンブルの歌声の中でも際立ってるし、むくれても笑っても表情がいいわあ。
次はテナルディエ夫人ですって?
若いけど、絶対ぴったりだと思う。
他にもヘレン・バーンズとリトルジェーン、バーサとメイスン、など
それぞれの関わりの中でステージ上に全員が立っています。
ジェーンの人生を一緒に歩んできた気持ちで、全員に祝福されてのハッピーエンドに感極まる。

美しく、素晴らしい作品です。

コメント

  1. ややや より:

    ブランシュは前は幸田浩子さんで、
    さすがオペラ歌手!の迫力だったのよ。
    辛島さんはつらかったかも。
    美人さんなんだけどね。

  2. sasa より:

    ★ややちゃん
    辛島さん、普通のミュージカルなら高音も良く出てて美しいんだけど、
    今回はオペラ歌手の圧倒的なパワーで歌ってほしいのよね。
    あと、ヘレン・バーンズのさとう未知子さんがメアリなのには1回目は気付かなかった。

タイトルとURLをコピーしました