塾の保護者会

今日は長男の塾の保護者会。
高校入試の状況や今後のクラスのスケジュールなどのお話でした。
あんまり乗り気がしなかったのですが、思った以上に参考になるお話でした。
sasaの頃とは微妙にシステムが変わってます。

先生のお話によると、
公立高校の合格は機械的に決められていて、
当日の点数順に上から順に並べ、内申点も上から順に並べ、
その交差で両方の合格ラインに入っていれば即合格。
片方だけという子の中から選考になるらしい。
だから内申点が重要になってくるのね。

たまたま学校で同じクラスのお母さんがお隣の席で
ちょっとだけ話しましたが、
そちら息子さんは、塾がない日も自主的に塾通い。
朝から晩まで塾で自習してるらしい。
頭の中が受験のことでいっぱい。
「ちょっとゆっくりしたら?」の声にも耳を貸さないそうです。

う〜ん、うちの長男、塾に通い始めてからというもの、
家で勉強する気が全くなく、
隙あらば遊びに出かけ、
今日も塾がないのをいいことに、昼からいないんですけど…。
こういうのって、どっちがいいんでしょうね?

教室で椅子に座って先生の話を聞く。
「あ〜、塾の先生ってこんなしゃべり方してたよなあ」って
遠い日の自分の塾が思い出されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました