映画『テルマエ・ロマエ』

子ども達が運動会代休日の今日は、ちょうど映画の日だったので、
3人で映画へ。
どれを見るか悩みましたよ。
『宇宙兄弟』も『ダーク・シャドウ』も見たかったけど、
面白いと評判の『テルマエ・ロマエ』にしました。

阿部寛さんが古代ローマの浴場設計技師を演じるお話です。
バカバカしくて面白かったぁ。

阿部さん、コメディいいねえ。
先日の『シンベリン』の好青年よりずっと魅力的だった。
全裸で歩き回るシーンが多いけど、周囲のあわてふためきにも全く動じない。
顔立ちがはっきりしてるから、ギョッとする表情とかもインパクトあるのよ。
温泉卵に感動するところとか爆笑。
和製ヒュー・グラントだね。

他にも、市村さん、北村一輝さん、宍戸開さんがローマ人役。
顔の濃い面々が揃ってて、だんだん普通にローマ人に見えてくる。

個人的ツボは上戸彩ちゃんが古代ローマ時代に入り込んだところで、
日本人とローマ人の会話が成立するように、横に小さく「BILINGUAL」マークが入ったこと。
関係ないやん、無理矢理〜!

頭使わずに笑えて、すっきりするよ〜♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました